事故が起きる前に!iPhone水没には要注意

iPhone水没を未然に防ぐことは可能か?水回りではあまりiPhoneを使用しないようにしよう。 - 知っておきたい!iPhoneの水没事故は防げます

知っておきたい!iPhoneの水没事故は防げます

気付いたときには水没・・なんてことも起きてしまいがちなiPhoneの事故。ユーザーの中には、水没時の対処法に慣れてしまっている人も多いでしょう。
けれども、そもそもiPhone自体を「水没させない」ことが重要なポイントと言えます。
対処法に慣れるのは良いことですが、何度も水濡れ状態をくり返していると、購入して間もないスマホを再度買い換えることになってしまいます!

水没事故は、iPhoneを「守る」ことで防ぐことができます

インターネット上の口コミやブログに書かれているように、スマホを水没させてしまうシーンやきっかけは、ほとんど同じシチュエーション。日常的に誰でも行う行動と言えますが、個人のうっかりさが出てしまっているパターンも多いでしょう。

<全5パターン!iPhoneを水没させやすい場所に要注意です>

  1. 男女問わず多かったのがトイレ
    手から抜け落ちたパターンや、ポケットから墜落したパターンなどさまざま。
    ショックを受ける度合いが大きいのも特徴です。
  2. 天候不良による雨
    特に大雨のときは、鞄に入れていても濡れてしまっていることも多いです。手に持っていても、雨で手が濡れてしまい、思わず水たまりに落とすケースもあるので要注意です。
  3. 身体を休める、お風呂場
    浴槽で半身浴を楽しんでいる人に多いのが、手を滑らせての水没。
    パニック度も高い場所なので、持ち込まないという選択肢も大切です。
  4. 飲み物をこぼすケース
    自宅や外出時の食事のときにも、危険がいっぱい。コップの場所を把握していたつもりが、思わず手で・・「アーッ!」という巻き添え型も起こりやすいです。

bgftrsts
意外と気を付けているつもりでも、気付いたときにはもう手遅れなんてこともあります。
確実に水没を防ぐには、最初から水や液体の危険性がある場所に持っていかないことですが、簡単にはできないのも事実でしょう。
急には無理でも、少しずつiPhoneと距離を取っていくのも有効な手段の1つです。

普段からiPhoneにパスコードロックをかけていることは、セキュリティーの面で良い反面、ロックをかけてしまうことで、思わぬリスクを背負ってしまうこともあります。
たとえば、スマホを水没・水濡れさせてしまったときが正にそれです。

iPhoneのパスコードロックは、水没時に困ってしまうこともあります

実際、iPhoneを水没させてしまった後でも、ほとんどは内部洗浄・バッテリーなどのパーツ部分の交換で、スマホの大部分が復旧します。もちろん復活しない機体もありますが、内部の損傷具合によっては、iPhone修理ですぐに直るケースも多いでしょう。
iPhone修理完了までの流れ

けれども、ここでポイントなのが「iPhoneのパスコード設定の解除」です。
詳しく言うなら、パスコード設定に関することよりも、スマホ水没後に「画面タッチ操作」ができるかが重要になってくるのです。

<データのバックアップが取れない!?iPhone対処法>

内部の状態を整えてスマホの電源が入ると、「通常に作動するからOK!」と安心してしまう人もいますが、問題はその次の、画面タッチ操作になります。

基本的に電源が入れば、PCにつないでデータのバックアップを取ることができます。
しかし、タッチ操作ができない状態でロック解除ができず、データのバックアップも取ることができません。電源は入るにも関わらず、肝心の操作ができないのです。

プライバシーを守るためのパスワードロックですが、水没などの不慮の事故が起きたときに、かえって障害になってしまうこともあります。水没すると、タッチパネルがきかなくなってしまうので、可能な範囲で対処するようにしましょう。
やるべきことは、パスコードロックを解除すること!早目の対処法によって、修理後の復活がスムーズにいく可能性が高まります。

Copyright(C)2015 事故が起きる前に!iPhone水没には要注意 All Rights Reserved.